乳がん検診はあじさい診療所

院長:笠原三津子


乳腺疾患:
視触診、マンモグラフィー、超音波による乳腺の診察及び乳がん検診を行います。
また、乳がん術後の患者様のホルモン療法、内服薬の処方など、手術をされた病院と
提携しながら治療を行います。
胃腸疾患:
胃カメラ(苦痛の少ない経鼻内視鏡です)を用いて、食道炎、胃炎、胃潰瘍、
十二指腸潰瘍などの診断と治療を行い、また胃がん、食道がんのがん検診を行います。
便秘症、下痢症などに対しての内服や点滴の治療、便潜血反応による大腸がん検診を行います。
超音波と血液検査を用いて、肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓の検査を行います。
肛門疾患:
内痔核・外痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、肛門周囲膿瘍の診断、治療を行います。
一般外科疾患:
すり傷、切り傷などの処置、傷の縫合、粉瘤(皮膚のでき物、化膿することがあります)
などの処置を行います。
一般内科:
かぜ、インフルエンザ、高血圧など。
入院や手術などが必要な場合には、ご相談の上ご希望の病院に紹介いたします。